自分がいない。

 

んにちは!

Kです!

 

然ですがあなたは

「自分」が何者か分かりますか?

 

「やぁジョン! ジョン「?」やぁジョン! ジョン「?」」[モデル:鈴木秀]のフリー写真素材

 

この質問に答えられない・・・。

 

あなた!

 

あなたは自分を見失って

「活きていない」

状態になっています!

 

合コンで惨敗した非モテ男子

 

つまり、「幸せを感じづらくなっている」

ということです。

 

 

 

あなたは小さい頃、好奇心旺盛で

やること全てにワクワクして取り組んでいたはずです。

 

しかし、あなたは年を重ねるにつれ

何をやればいいかが分からなくなっています。

 

頭を抱えてひどく落ち込む男性

 

今のあなたは

 

「自分には関係ない。」

 

「自分とは無縁だ。」

 

「いつかやればいいや。」

 

こんな

 

何事にも興味・関心・意欲を持たず

ただただ毎日、何にもない1日を過ごしていませんか?

 

某掲示板サイトで話題になった事故物件の画像 

あの頃みたいに

 

「あれは何!?」

 

「もっと知りたい!

 

「今すぐやりたい!」

 

こんな

 

毎日が楽しくてたまらなかった

ワクワクした自分を取り戻したくはありませんか!?

 

満面の笑みの女の子

 

今回は、あなたがこの先

 

 「楽しく活きる」

 

為に必要な

 

「自分を取り戻す方法」

 

ご紹介します!

 

 

 

早速、その方法をご紹介したいところですが

まず、どうして

「自分を見失ってしまったのか」

についてお話しします。

 

これにはある仕掛けがあったんです・・・。

 

宝箱ドンッ!

 

僕の持論になりますが

人生は「選択の連続」です。

 

例えば、朝ご飯を食べたら歯を磨くor磨かない

みたいな感じで日常の中に多くの選択を僕達は行っています。

 

でも、それって本当に

自分で選んだ選択ですか?

 

「朝ご飯を食べたら歯を磨きなさい。」

 

小さい頃にこのように言われたからあなたは

歯を磨いているのではありませんか?

 

このようにあなたの選択というのは

他人によって作られてしまっています。

 決裁権が誰にもない

 

親や学校の先生などから聞いた言葉によって

あなたの選択は制限されているんです。

 

「将来の為に勉強しなさい。」

 

「良い大学に入りなさい。」

 

「大きい会社に就職しなさい。」

 

このようにあなたの選択はつくり出されてしまっています。

 

そして、親や学校の先生が言うことは

大多数の人が正しいことだと認知しています。

 

つまり「常識」のカテゴリです。

 

この常識の範囲であなたの選択肢が生成されています。

 

 

 

僕が高校受験をする時

母親は普通校に行きなさいと言いました。

もちろん理由は

 

「良い大学に入る為に。」でした

 

 

しかし、僕は勉強が嫌いで高校を卒業したら就職したかったので

他人からの選択ではなく、自らの選択で普通校ではなく

総合ビジネス科の高校に進路を決めました。

 

このように本来、目の前にあることを感じて

それを好きか、嫌いか、やるか、やらないか

など自分で選択をすればいいんです。

 

「「チョコのかかった美味しい棒、あーげる」とはにかむ美女「チョコのかかった美味しい棒、あーげる」とはにかむ美女」[モデル:茜さや]のフリー写真素材

 

しかし、どういうものが好きで何になりたいか

ということを考えずに、常識という範囲内で

 

他人から与えられたものを

自分の選択だと思い込んでしまうんです。

 

これが

「活きていない」

状態です。

 

残念ですがこのような人が大多数です。

 

どこを見ても「活きている」人はいません。

 

自爆の被害にあった戦士

 

ただ「常識」の範囲内で動いている

今の自分に何か違うなと感じてモヤモヤしていれば

あなたは変わりたい証拠です。

 

 

 

じゃあ、どうしたら本来の自分を取り戻せるのか?

 

「ii奥義100烈いいね!」のフリー写真素材

 

 

 

 

 

その方法は・・・

 

 

 

 

 

「普通ではないところに行く。」

 

大規模案件を終わらせに南の島にやってきたプロジェクトリーダー

 

「常識」ではオススメされてない場所や人に

自分を取り戻す為のカギが隠されています。

 

例えば、キャバクラやゲイバーです。

 

失礼な言い方になるかもしれませんが

あの方達はあなたにとって

「常識」の外側にいる人です。

 

 

「こんな考え方もあるんだ。」

 

「そういう考えもアリなんだ。」

 

などなど、新しい知識が溢れてしまうほど

あなたの頭の中に入ります。

これはあなたの

「常識」では手に入らない情報です。

 

上司に「今どこ?」と聞かれて「浜辺です」と正直に応えるWebデザイナー

 

もちろん、キャバクラ、ゲイバーに限らず

あなたが普段行かないような場所ならどこでもOKです!

 

 

「家から出たくない。」

方は「本」を通して行くという方法もあります。

 

オススメは「村上春樹」さんです。

 

日本だけでなく世界中で愛されている作者の方です。

 

夢中で読み進んでしまいます。

 

ぼくのオススメを紹介しますね!


あなたも

 

 1日1冊本を読む

 

月に1回どこかに行く

 

僕も現在進行形で行っているので効果は保証します!

 

どちらかを一緒に継続しましょう!

そして本来の自分を取り戻しましょう!